機能紹介Function

自社団体でご利用のお客様

実施準備

誰でも分かりやすいメニュー構成で、
簡単に受検準備が可能です。

管理者画面は、業務の手順に沿って表示されているため、一連の設定を簡単に進めて頂くことができます。
また、実施者や実施事務従事者など各管理者に必要な範囲でシステム利用が制限されますので、セキュリティを強化して効率よく操作できます。

実施準備

ストレスチェック受検期間や、各種設定を行います。年度ごとに行いますので、分けて管理が可能です。

受検者登録

システムへ受検者の個人情報や所属部署などを登録します。

ストレスチェック
受検

従業員は、インターネットが接続可能な端末(PC・スマートフォン・タブレット)を用いて受検をします。
各個人にIDとパスワードが付与されますので、他人に受検結果が知られることはございません。

便利な自動メール機能

受検案内メールや、未受検者への勧奨メールなど予め設定した指定日に自動でメール配信ができます。

インターネット環境がないお客様も安心!
オプション紙業務支援サービス

紙によるストレスチェックもご用意しております。Web・紙併用での受検も可能です。

サービス内容
  • マークシート印刷、封入作業
  • 回答用紙の読取り作業
  • 個人結果票の印刷、封入作業

※クラウドサービス料金に加えて、オプション料金が発生いたします。
詳細は、お尋ねください。

高ストレス者
面接対象者の選定

ストレスチェック受検結果を設定した高ストレス識別判定値に基づいて自動的に高ストレス者を抽出します。実施者は、管理者サイトより各受検者の受検結果と抽出結果を確認して、高ストレス者と面接対象者の確定を行います。

同意・結果確認
面接申出

実施者の判定後、受検者は再度システムへログインをしストレス判定結果を画面で確認します。
結果開示の同意の取得、面接対象者からの面接申出を画面から受付をすることができます。

報告書作成

事業場ごとに労働基準監督署への報告書が自動生成されます。
集計や転記間違いがなくなるため、早く正確な報告書を作成できます。

集団分析

システムを用いて、簡単に集団分析を行うことができます。職場のストレス状態を把握することで、職場改善につなげることができます。

様々な視点から集団分析が可能

部署・地域・年代・男女など様々な視点で分析ができるため、より詳細な単位でストレス要因を特定でき、職場改善につなげることができます。

  • 全国の産業分類別(製造業・サービス業・情報通信業など)
  • 全国の地域別(関東地方・中部地方・近畿地方など)
  • 自社の部門・地域・年代別
  • 自社過去3年分の受検データとの経年比較
分析結果を画面で確認・簡単にレポート出力できるので社内で共有できる

仕事のストレス判定図を用いた集団分析に加え、いきいき集団分析も標準でご利用頂けます。(80・120問受検の場合)組織ごとに仕事へのポジティブな関わり(ワーク・エンゲージメント)や職場の一体感などをグラフで確認ができます。

セルフケア学習

東京大学川上教授による監修の下、うつ病などの治療法[認知行動療法]を利用して自己の思考パターンを整理し問題に対処できるe-ラーニングをご提供します。

仕事に役立つメンタルヘルスシリーズ
  • 認知行動療法の考え方を予防に活用した学習プログラム
  • メンタルヘルス不調の未然予防効果に関するエビデンスあり
    (東京大学 川上憲人教授監修)
学習プログラムの流れ
  1. ストレスのしくみ/自分を整理するコツ

    困ったことが起きた時に、落ちついて
    周りの状況や自分自身のことを整理できるようになる

  2. 頭の切り替え法

    自分の考え方のクセを知り、
    バランスのとれた考え方ができるようになる

  3. コミュニケーションのコツ

    上手なコミュニケーションのコツを学び、
    伝えたいことを適切な表現で伝えられるようになる

  4. 効率的な問題解決のしかた

    効率的な問題解決法を身につける

セルフケア学習の
実施

ストーリー形式による学習コンテンツで、ストレスの発生しやすい様々な場面からストレスへの向き合い方や対処法の理解を深めます。

セルフチェック

法令にもとづいたストレスチェック実施後のメンタルヘルスケアとして、定期的なセルフチェック(ストレスチェック)を行います。当サービスでは、ご契約期間中は何度でもシステムの利用が可能ですので、次年度のストレスチェックまで定期的に実施をすることで、メンタルヘルス不調の未然防止を行い、職場環境の改善を行います。

お問い合わせ

オンラインデモンストレーション依頼

資料請求

タック匠シリーズ

  • リハビリテーション支援システム
  • 総合健診システム
  • 電子カルテシステムDr.F
  • じぶんでできるMental Care
  • 健康リスクマネジメントサービス